トップ / 介護職に役立つ資格とは

介護職の求人情報

介護職に役立つ資格とは

介護職員初任者研修を受講する

無資格でも仕事を始めることができる介護職ですが、スキルアップと仕事に対するモチベーションを高めるために、取得できる資格があるならば積極的に取得しておくことも大切です。では介護職に役立つどのような資格があるのでしょうか?

1.介護職員初任者研修。
以前のホームヘルパー2級にあたる資格です。介護職の入門資格ともいえる資格です。認定資格になるので、国家資格ではありません。カリキュラムは130時間の授業であり、施設などでの介護実習は含まれていません。
資格学校に入る、通信教育と通学の併用、離職中ならば公共職業訓練や求職者支援訓練を活用できます。ハローワークが窓口なので授業料無料の講座があるかを確認できます。
授業終了後に、筆記試験を受け、合格できれば資格取得です。

2.実務者研修。「介護職員初任者研修」の有資格者が次の「介護福祉士」の資格を取得しスキルアップしようと思う場合、実務経験3年以上とこの「実務者研修」の修了が必須になります。
「実務者研修」も無資格者でも受講することができます。すでに「介護職員初任者研修」の資格があるならば320時間、無資格であるなら450時間の受講になります。
さらに次のスキルである「介護福祉士」の受験資格獲得もできます。

3.介護福祉士。
国家資格です。福祉の専門知識と、医学的な介護に関する技術を有していて、高齢者や体の不自由な方の身の回りの世話ができるのがこの資格です。

4.社会福祉士
国家資格であり、社会福祉士は、年齢、性別、障害の有無を問わず、日常生活になんらかの問題をもつ人の相談にのり、助言や指導を行い援助することが主な仕事です。ですから福祉関係全般の幅広い知識が必要で、福祉関係の法律や制度についてはもちろんのこと、カウンセリングを行うための心理学などについても学ぶ必要があります。介護福祉士と名前が似ていますが、助けを必要とする人にダイレクトに助けを与える介護福祉士、助けを必要とする人の周りの環境も含めて何が助けになるか考える社会福祉士といった違いがあります。

5.介護支援専門員(ケアマネージャー)
介護を必要とする方に、最適なプランを提案し、サービスの調整、それが実行され効果が上がっているかをチェックするのが仕事です。また要介護認定に関する業務も扱えます。資格を得るためには介護支援専門員実務研修受講試験にまず合格し、実務研修を修了すれば資格を得られます。
介護職に関係するたくさんの資格がありますが、資格があれば資格手当が給料にプラスされるのでぜひ積極的にランクアップを目指していきましょう。

Copyright © 介護職の仕事内容とは. All rights reserved.